So-net無料ブログ作成

ホームページ作成ブルーベリー 三洋電機『GOPAN』と島根県産米『きぬむすめ』がコラボ -- 大阪で観光 PR イベントを開催 [ホームページ作成ブルーベリー]

お米からパンを作ることができるライスブレッドクッカー『GOPAN』を販売している三洋電機は、島根県の観光振興および島根県産米「きぬむすめ」の PR 支援を目的としたイベント「GOPAN FAN Meeting in 大阪」を7月29に日に開催した。

島根県は、2012年に「古事記」編纂1300周年を迎えるにあたり、歴史文化に彩られる「島根」の魅力を全国に PR するキャンペーン「神々の国しまね ~古事記1300年~」を進めており、三洋電機は、島根県の観光振興や地域活性化の取り組みを支援するため、お米からパンを作ることができる同社の人気商品『GOPAN』を活用して、島根の PR 企画に協力をしている。

本日開催されたイベントは、島根県と『GOPAN』のコラボレーション企画のキックオフイベントとして開催され、会場には『GOPAN』の愛用者30名を招待して、島根県知事の溝口善兵衛氏による島根の観光地や島根県産米「きぬむすめ」の紹介のほか、料理研究家の渡部恵美氏や三洋電機の製品担当者による『GOPAN』を使ったお米パンやオリジナルレシピの紹介、試食などが行われた。

会場で紹介された「きぬむすめ」は、炊飯時のツヤと白さに特徴のある高品質米で、島根県では『GOPAN』でつくった「きぬむすめ」のお米パンを『だんだんお米パン』と名付けて「きぬむすめ」の PR に取り組んでいるという。なお、「だんだん」とは、島根県の方言で「ありがとう」を意味するもので、島根県に来る観光客へのおもてなしの心を表しているそうだ。参加者にはこの「だんだんお米パン」がふるまわれ、「バターしょうゆ」「ゆずみそ」などのトッピングとともに、「きぬむすめ」の美味しさを味わった。

なお、島根県では8月1日から9月30日までの期間限定で、県内3か所のレストランで「だんだんお米パン」の試食提供をする「GOPAN cafe in 島根県」をオープンする。「GOPAN cafe in 島根県」を実施する店舗では、レストランの利用客に「だんだんお米パン」を無料提供するほか、各店舗のこだわりトッピングが提供される。

トッピングの内容は店舗により異なり、益田市の『Restaurant Pony』では「美都産 柚子みそ」と「たらこマヨ」が、邑南町の『素材香房 味蔵 ajikura』では「ブルーベリージャム」と「野菜味噌ディップ」が、松江市の『リストランテ ヴェッキオロッソ』では「バターしょうゆ -はちみつ風味-」がそれぞれ提供される。

実施店舗やメニューの詳細は島根県のウェブサイトで公開している。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。